更年期障害を乗り越えるために|更年期障害を緩和する薬や血液を健康に保つ薬とは

更年期障害を乗り越えるために

下を向く女性

更年期障害の原因とは

更年期障害は、その名前の通りで更年期に起きる障害です。更年期は性別により多少の違いがあり、女性の場合は閉経を迎える40代半ばから50代半ばごろが、更年期であるとされています。閉経によって卵巣から分泌される女性ホルモンのバランスが乱れたり、ストレスが溜まったりすることで、身体全体の調子を整えているバランスが崩れてしまうのです。

更年期障害の症状とは

更年期障害は、身体全体の体調バランスが乱れている状態なので、様々な症状が現れることが特徴です。特定の要因で起こる症状というよりは、複合的な要因で起きる症状が主です。そのため、人によって症状が現れる個所は異なり、ほとんど症状が現れないこともあります。多くの人に現れる症状としては「冷えやのぼせ」「動悸・息切れ」などが挙げられます。

ぜひ薬を利用してみましょう

更年期障害の自覚症状が少しでもある人、あるいは症状が現れる前に防ぎたいという人は、薬を利用してみましょう。更年期障害は特定の病気などではなく、ホルモンバランスが乱れることで起きる全般的な体調不良です。そのため、漢方薬やサプリメントなどの薬を服用することで、体の内側から体調を整えていくことが大切なのです。特にサプリメントは、更年期障害に限らず生活全般の体調不良を緩和・予防してくれる栄養をとりやすいものが多いので、摂取しやすいでしょう。

更年期で辛い症状とは

激しい動悸がすること

更年期障害で特に辛いとされている症状は、動悸がすることです。特に激しい運動などをしていなくても脈が上がり、息が切れてしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。更年期障害のなかでも、特に挙げられることが多く、油断のならない症状です。こうした症状が出たときは、カフェインなどを控えるようにしましょう。動悸には漢方・サプリにより滋養を蓄えることが大切です。

冷えとのぼせ

動機に続いて特に症状を訴える方が多い症状は、冷え、あるいはのぼせです。更年期を迎えた女性のほとんどは、どちらかの症状を経験するといってよいほどに代表的な症状です。体温の調節が効かず、身体が熱くなり、汗が止まらなくなったり、逆に冷えることで痛みを訴える人も多いです。マカなどのサプリで症状を抑えることが有効とされています。

気分が安定しない

三つ目に挙げる症状は、気分が安定しなくなることです。体調の変化に限らず、社会的なストレスや、今後のへ人生の不安などから、メンタル面の不調を訴える方も多いのです。本人の心がけ次第だと思われがちですが、実はこうした症状にも、薬が有効なのです。高麗人参などの心身ともに活力を与えてくれる薬が、特に有効とされています。

体重が大きく変化した

更年期障害の悩みとして挙げられる、最後の一つは体重の変化です。急激に太ってしまう、あるいは逆に痩せてしまうということも、更年期障害の代表的な症状なのです。体調を整えることは、健康面だけでなく美容面でも重要なことなのです。女性ホルモンに成分が近く、また抗酸化作用もあるイソフラボンの摂取は、美容にも適しています。

広告募集中