ヘモグロビンa1cとは|更年期障害を緩和する薬や血液を健康に保つ薬とは

ヘモグロビンa1cとは

血液

ヘモグロビンa1cとは

「ヘモグロビンa1c」は、別名「糖化ヘモグロビン」「グリコヘモグロビン」とも呼ばれています。「糖化」という言葉がついていることから連想できるように、血液の中で酸素を運ぶ役割を持っている「ヘモグロビン」が、血液の中にある「ブドウ糖」と結合した状態のことを示しています。そのため、ヘモグロビンa1cが多ければ多いほど、血液中に余分な糖がある状態であることが分かってしまうのです。糖尿病検査を的確に診断することが出来る検査できる方法、それが「ヘモグロビンa1c検査」なのです。

血糖値とヘモグロビンa1c値は何が違うのか

血糖値検査は、たいていの場合は前日から食事を抜いた状態で実施されます。これは血糖値が、直前の食事やストレスなど、その時の体調の影響を受けやすいからなのです。つまり血糖値は、必ずしも普段の健康状態を正し反映しているとは限らないのです。しかし、ヘモグロビンa1c値の検査は違います。ヘモグロビンが含まれている赤血球の寿命は約4か月です。ヘモグロビンa1c値は、その約半分である2ヵ月程度の期間に、糖が結合した値を反映します。そのため、ヘモグロビンa1c検査では、約1か月から2か月の糖の値を正確に反映することができるのです。

ヘモグロビンa1cの数値を下げましょう

ヘモグロビンa1cは普段の生活の中で、どれだけ余分な糖があるのかを示しています。この数値が高いほど、より糖尿病にかかるリスクが上がってしまうのです。ですから、検査の前に右往左往するのではなく、普段の生活の中からヘモグロビンa1cの数値を下げる努力をすることが必要なのです。血液中の糖を減らすためには、健康な生活を心掛けなければなりません。適度な運動、糖を控えめにした食事、そして体調を整えるサプリや薬の摂取が不可欠です。健康を補助するサプリを知り、積極的に摂取しましょう。

血液を健康にするものランキング

no.1

高麗人参

血液を健康にしてくれるもの、その第一位は「高麗人参」です。古くから高麗人参は、漢方薬の代償としてその薬効の高さを認められてきました。そして、現代ではさらに、生活習慣病の予防改善にも効果が認められています。高麗人参に含まれるサポニンという成分は、コレステロールや中性脂肪の数値を下げる効果があるのです。

no.2

ナットウキナーゼ

血液の健康を保つために有効なもの、一位に続く第二位は「ナットウキナーゼ」です。納豆に含まれているナットウキナーゼは、血液の流れを改善し、脳梗塞などの症状を予防する作用があることで知られています。納豆が苦手な人でも、ナットウキナーゼを配合したサプリなら、手軽に摂取することができます。

no.3

サラシア

血液の健康にするものランキング第三位は「サラシア」です。日本ではまだあまり聞きなれないこのサラシア、インドでは古くから民間療法で親しまれている植物で、現在肥満の改善に有効であること分かり、注目を集めています。糖分の吸収を抑える作用があり、他の成分などと配合したサプリメントとして、日本でも広まり始めています。

広告募集中